TOP>ワールドガイド>撃退士とは

撃退士とは名前から攻撃的なものだと誤解されがちだが、
本質的にその役割は守護にある・・・と、俺は思っている。
俺たちは新入生でも一般人の身体能力を大きく超えた力を出せる。
力と心のバランスを保ち、自分を見失なわないことだけは、心にとどめておきたいものだな。

撃退士(ブレイカー)とは

撃退士とは天魔との大規模な接触という、これまでの人類史上においても類をみない事態に対し、既存の警察・軍組織は十分に対抗する為の手段を持っていませんでした。この事態に対抗する為に現れた存在が『撃退士』です。

撃退士は、天魔に対抗可能なアウルの力を使いこなす存在であり、天魔が各地で起こしている事件を解決する役割を担っています。


学園と撃退士

撃退士が公に認められてから現在(2011年当時)まで十年も経過しておらず、久遠ヶ原学園以外に正式な育成機関もないことから、世の中にいる撃退士はほぼ久遠ヶ原学園の在校生か卒業生です。


撃退士の能力・立場

撃退士の能力・立場

1 対天魔能力保持

撃退士はアウルの力を発動することにより、光纏(こうてん/オーラドレスト)という能力を使用できます。
光纏を行使している最中は、スキルの発動や魔具・魔装と呼ばれる武器や防具を呼び出す事が可能となり、魔具もしくはスキルを用いて天魔に有効な一撃を与えることが可能となります。
光纏中は光纏行使者本人の全身から黄金ないし黒色の焔に似たオーラが噴き上がり続ける状態へ変化します。ただし光纏行使者本人の意思により任意に消すこともできます。


2 超常的な身体能力

アウル発動に適した才能を持った人間は、基本的には久遠ヶ原学園入学前に簡単なカウンセリングとスキャニングおよびトレーニングを経て、アウルを発動させることになります。
この時点で光纏をしなくても撃退士は50mを5秒程度で走れるなど、超常的な身体能力を保持できます。
ただし思考力が超常的になるわけではありません。
あくまで身体能力が高くなるだけです。


3 撃退士としての特権

撃退士は、依頼を受けた場合任務に関連するものに限り国内の一定の法律に縛られることなく行動することができます。
基本的に依頼遂行に必要であった場合に限り罪に問われることはありませんが、任務遂行に必要ではない部分の行為については、学園内部で審議された後妥当でないと判断された場合、軽微なものは謹慎・停学などの措置に、重大なものについては通常の犯罪と同様に逮捕・起訴された後、司法に引き渡されることになりますので注意しましょう。


魔具・魔装(V兵器)

魔具・魔装

常人と比べるとかけ離れた身体能力を持つ撃退士といえども、この世界に存在し得なかった敵・天魔を相手に素手で戦うことは非常に厳しいものになるでしょう。

このため、国際撃退士養成機構をはじめとする各撃退士関連機関では、『魔具』と呼ばれる武器や『魔装』と呼ばれる防具(総称してV兵器)の開発を日々おこなっています。
撃退士はこれらの兵器を使いこなして自身の能力を高める必要があります。

一見すれば物騒な外見も多い魔具ですが、『ヒヒイロカネ』と呼ばれる小さな金属に格納することが可能ですので、潜入依頼に際しても目立たずに行動することができます。


強力なV兵器のペナルティ

強力なV兵器になればなるほどアウルを絶えず大量に送り続けなければならないため、『魔具・魔装の装備値を超えるほど強力な武器を装備した場合、最大生命力が減少します』

装備値を1でもオーバーした場合は最大生命力が10%減少し、
その後10オーバーするたびに10%減少していきます。
装備を91オーバーした場合でも死亡したり再起不能になるわけではありませんが、
非常に危険な状態で戦う事になります。

装備の活性化をやめた時点で生命力最大値は本来キャラクターが保持しているステータスの数値まで戻りますが、現在の生命力は回復しません。

自身の能力に見合ったV兵器を使うように調整していきましょう。


撃退士とジョブ

撃退士は、アウルの活用方法によって、『ジョブ』と呼ばれるタイプ分類が存在しています。
タイプによって、成長する能力や使用できるスキルは大きく違います。

ルインズブレイド

レート:0(中立) 生命 ↑↑↑ 物攻 ↑↑ 物命 ↑↑ 魔攻 -
 ルインズブレイドは光と闇を操り、光を以って闇を、闇を以って光を滅する、滅びをも滅ぼす混沌の剣士です。
 前衛としては攻撃力・防御力ともにバランスの良い能力を保持しており、スキルも敵にダメージを安定して与えるものが多いため、あらゆる状況下で活躍することができるでしょう。
 魔法攻撃力は上昇しにくく、がっちりと防御を固められた相手に対しては工夫をしなければ有効な打撃を与えることができないという面も持っていますが、前衛においては状況を問わず壁役からアタッカーまでこなす貴重な戦力となるでしょう。

インフィルトレイター

レート:0(中立) 物命 ↑↑↑ 移動 ↑↑↑ 物攻 抵抗
 光と闇に紛れる者、意識の死角へ潜り込む者、それがインフィルトレイターです。
 彼等は射撃武器の扱いのエキスパートであり、一撃必殺の暗殺者であると共に遠距離における撃ち合いで無類の強さを誇る射手でもあります。
 ジョブの特徴として、遠距離からの必中の一撃を放てるほどの、極めて高い物理命中力があります。また、隠密系スキルも保持しているため、単純戦闘以外でもその力を発揮することが出来るでしょう。
 闇に潜むスナイパーとなるか、スポットライトに照らされたガンマンになるか、プレイヤーのロール次第で幅広い活躍ができるジョブといえるでしょう。

ダアト

レート:0(中立) 魔防 ↑↑↑ 魔攻 ↑↑ 物防 抵抗 -
 アウルを武器に纏わせるだけではなく、対象に向けて放出する攻撃技法に長けた者、それがダアトです。
 旧き時代の秘術の流れを汲むクラスで、その業には呪術的色が強く残っています。
 得意とする戦闘パターンは遠距離からの強力な魔法攻撃であり、そのバリエーションと威力は目を見張るものがあります。
 しかし、物理防御力が全ジョブ中最も低く、スキルについても接近戦で使えるものがほとんど無いため、前衛の後方に位置して援護を受けながら、敵に痛烈な魔法による一撃を与える、攻撃支援に特化したジョブであるといえます。

ディバインナイト

レート:+1(天界寄り) 生命 ↑↑↑ 物防 ↑↑ 魔防 ↑↑ 抵抗 -
 ディバインナイトはアウルの光の加護を受けた騎士です。
 壁役として活躍できる程の高い防御性能を誇り、そのほかの能力についても移動力を除いて平均よりもやや高い能力を保持しているため、あらゆる場面に対応が可能なジョブとなっています。
 成長し、的確な判断を身に着けることができれば、特に魔界・冥界の勢力に対しては、パーティーの中心としてその力を遺憾なく発揮できるでしょう。
 一方で他のジョブにあるような特化された能力という点においてはやや個性が薄いため、状況に応じた対応が必要となってきます。

アストラルヴァンガード

レート:+2(天界寄り) 抵抗 ↑↑↑ 生命 ↑↑↑ 魔防 ↑↑ 魔回
 光の加護を受け、回復や防御等の援護に長けた者達、それがアストラルヴァンガードです。撃退士としては攻撃力は低めで動作も鈍めですが、高いレベルで頑強であり、戦士達と共に前線に立って仲間達を支援します。
 戦術によっては、前線で隊の屋台骨や縁の下の力持ちとして戦うこともできるジョブといえ、優秀なアストラルヴァンガードを含めたパーティは、生存性が飛躍的に高まるでしょう。
 天界の影響を色濃く受けているため、対魔族という点で力を発揮しますが、同様に自慢の防御力が発揮できない可能性があるので注意が必要です。

阿修羅

レート:-1(冥界寄り) 物攻 ↑↑↑ 物命 ↑↑ 生命 ↑↑ 魔防
 あらゆる物理近接戦のエキスパート、それが阿修羅です。
 一口に阿修羅といっても、我流の喧嘩拳法から総合武術、古代刀槍術まで、多彩な戦闘方法を取りますが、修得できる奥義(スキル)は相手に接近して使用するものが大半となっています。
 そのため、如何に相手に接近するかが重要となるため、そのようなスキルを修めているかどうかが優秀な阿修羅である証となります。
 相手を選ばず戦える反面、特に魔法防御力は脆弱であり、補助を受けずに戦うと孤立する可能性が高くなるので注意が必要です。

鬼道忍軍

レート:-1(冥界寄り) 移動 ↑↑↑ 命中 ↑↑ 魔攻 物攻 -
 古代より伝わる鬼道を操る忍びの一派、それが鬼道忍軍です。
 彼等の本分は斥候ではあるものの、敵と相対すれば忍ぶことなくその姿を晒し、稲妻の如く刀を一閃させて躊躇いなく敵を斬り倒します。
 前衛として見た場合、速度と行動の多様性はなかなかのものですが、若干打たれ弱い傾向にあるので注意が必要です。
 忍に由来する多種多様なスキルに加え、無数の戦術を可能にする必殺の技を持ち、上手く立ち回ることが出来れば、無傷で勝利を勝ち取ることも不可能ではないポテンシャルを秘めています。

バハムートテイマー

レート:+1(天界寄り) 装備 ↑↑↑ 防御 - 回避 - 攻撃
 バハムートテイマーは『セフィラ・ビースト』と呼ばれる召喚獣を呼び出して使役する事が出来るジョブです。
 撃退士本人の能力は他ジョブと比較すると平均して低めですが、召喚獣と力を合わせて戦う事ができます。召喚獣は撃退士と生命力を共有しており、召喚獣が傷ついた場合は撃退士も傷つき、撃退士が気絶してしまった場合は召喚獣は消滅してしまいます。
 ただし、どんなに傷ついても召喚獣は死亡することはなく、術者が望めば、前回召喚したものと同じ存在が現れることになります。
 召喚獣は撃退士が保有していない特殊能力を持つ者もいるので、上手く活用すれば戦術の幅が広がるでしょう。
>>召喚獣使用に関連するルールはこちら
>>召喚獣一覧はこちら
>>召喚獣そのものに関する説明はこちら

ナイトウォーカー

レート:-2(冥界寄り) 攻撃 ↑↑↑ 移動 ↑↑ 生命 防御
 闇の加護を受け夜を渡る者、砂漠の太陽に抗う者、それがナイトウォーカーです。
 闇影を利用したスキルが多く、隠密行動も専門職程ではありませんがこなします。
 しかしナイトウォーカーの最もたる特徴は、物理、魔法、双方において共に最高クラスの破壊力を保有している事です。アタッカーとして多くの場面で活躍する事ができ、またその役割を求められるでしょう。
 ただし、防御面においては物理、魔法、共に最低クラスの能力しか持ち合わせていませんので注意が必要です。基礎的な機動力は高めにあります。
 間合いの取り方や仲間達との連携が重要になるジョブと言えるでしょう。

陰陽師

レート:0(中立) 魔攻 ↑↑↑ 回避 ↑↑ 物攻 物防 -
 天地陰陽の理を知り、其を調和させ、宇宙の運航を秩序為さしめんとする者、それが陰陽師です。
 古代より伝わる法を元にスキルが組み上げられており、天と冥の双方の属性をバランス良く操ります。陰陽師が一人いれば状況に応じて幅の広い援護が可能でしょう。
 物理、魔法、共にこなしますが物理よりも魔法の方が得意です。ただし魔法に関しても最高の魔法使いであるダアト程の破壊能力はありません。防御能力においても対魔法に優れていますが、対物理防御もそれなりにこなします。物魔双方において回避能力が高めであるのも特徴です。
 前衛・後衛・対物対魔、対天対冥、どんな状況においても安定して自在に戦える能力を持つのが陰陽師です。
>>召喚獣使用に関連するルールはこちら
>>召喚獣一覧はこちら
>>召喚獣そのものに関する説明はこちら

アカシックレコーダー:タイプA

レート:0(中立) 防御 ↑↑ 物攻 ↑↑ 魔攻 ↑↑ 回避
 アカシックレコーダーは、アウルの力を己に秘められた力や自然現象へと転化させ森羅万象を操るジョブです。
 タイプAは防御に優れたアカシックレコーダーであり、燃える炎や冷たい氷、痺れる雷などを物理的に引き起こせると共に、戦闘傾向を防御主体として戦うことができます。
 得意分野の能力値は高いですが、不得意分野の能力は低めなので気を付ける必要があるでしょう。
 己に秘められた力と自然を操れるこの力は、上手く活用することで戦術から救助支援まで幅広く活用することができるでしょう。

アカシックレコーダー:タイプB

レート:0(中立) 回避 ↑↑ 物攻 ↑↑ 魔攻 ↑↑ 防御
 アカシックレコーダーは、アウルの力を己に秘められた力や自然現象へと転化させ森羅万象を操るジョブです。
 タイプBは回避に優れたアカシックレコーダーであり、燃える炎や冷たい氷、痺れる雷などを物理的に引き起こせると共に、戦闘傾向を回避主体として戦うことができます。
 得意分野の能力値は高いですが、不得意分野の能力は低めなので気を付ける必要があるでしょう。
 己に秘められた力と自然を操れるこの力は、上手く活用することで戦術から救助支援まで幅広く活用することができるでしょう。

アーティスト

レート:0(中立) 魔装 ↑↑↑ 魔防 ↑↑ 回避 ↑↑ 攻撃
 アーティストは、歌や音楽、ダンスや絵画など、芸術的なセンスを駆使して天魔と戦うためのジョブです。
 支援スキルを前線で使用することを得意とするジョブで、能力値傾向としては防御や回避、特殊抵抗が高めとなる一方で、通常攻撃の性能は全ジョブの中でも低めの傾向です。
 スキルを用いた他キャラクターの援護を得意としますが、比較的耐久力が高く、自身での攻撃手段も持つため、単独での行動ももちろん可能です。

 


召喚獣とは

魔具・魔装

 召喚スキルとは、かつて撃退士が生まれる前に日本や西洋において存在した、人とは異なる生物を現世に具現化させる技法の流れを汲むスキルです。
 バハムートテイマーや一部陰陽師が使用できる召喚スキルは、過去の技術を久遠ヶ原学園で統一・発展させたものになります。

 召喚獣がどこから来ているのか。どういった意思で撃退士に協力をしているのか。それらの理由の確かな所は未だ解明されていません。
 ただし、彼等がどこから来るのかについては、天使や悪魔が並行世界から来ているように、召喚獣もまた並行世界の生物ではないかと考えられており、召喚スキルは並行世界から彼等をこの世に呼び出しているのではないか、と一般的には言われています。
 (過去に何度かあった、天使や悪魔との遭遇記録なども、この召喚スキルの影響、あるいはそのものが関係しているのではないかと考えられています)


 召喚獣は、呼び出された瞬間から、原則呼び出したものの意思に従い行動をおこないます。
 命令に逆らうことは原則ありませんが、自分の命に係わるものや、明らかに無謀である行動などに関しては、ごく稀に渋る場合もあるようです。

 召喚獣は呼び出した撃退士の能力に召喚獣の能力を加算(場合によっては減算)された状態で出現し、生命として現世に現れますが、スキルの効果時間を経過すると現世にとどまることができず消えてしまいます。
 召喚獣は撃退士と生命力を共有しており、召喚獣が傷ついた場合は撃退士も傷つきます。撃退士が気絶してしまった場合は召喚獣は消滅してしまいます。
 ただし、どんなに傷ついても召喚獣は死亡することはなく、術者が望めば、前回召喚したものと同じ存在が現れることになります。(召喚獣が並行世界から来ていると確実に言い切れない原因のひとつです)
 いずれにせよ、撃退士の能力に自身の力を加算した状態で現れ、撃退士に使えないスキルを使用することができる召喚獣は、依頼において非常に頼りになるパートナーとなるといえるでしょう。
 呼びだされる召喚獣は外見の通り獣並の知能である者が多いですが、中には人間並の知能、人間同様の外見をもった者も存在します。また、短期間ではなく非常に長時間召喚しておける者も存在しています。
 使役の仕方に左右される点もありますが、召喚獣はあなたの良きパートナーとなって戦ってくれるでしょう。






◆前髪を真ん中で分けたストレートロングの…



卒業試験

推奨環境:Internet Explorer7, FireFox3.6以上のブラウザ